toggle
2019-07-30

7月28日 新宮にて【”ひろい”海の活動】を開催しました

こんにちは! いっちゃんです >゜)))彡

ふくおかFUNでは6月から活動に参加しています。
ブランクありのママさんプロダイバーです(笑)
今後もblogやイベントに登場していきますのでよろしくお願いいたします <(_ _)>

梅雨も明け、本格的に☆夏☆になりましたね。
私の3歳の娘も毎日プールや海など水遊びを楽しんでいます。

7月28日に開催された新宮海岸での【”ひろい”海の活動】は親子シュノーケルでした。
16組36名の親子の皆さんが参加してくださいました。
今年初の海の子もいれば、もう4回目という子も。
シュノーケルも初めての挑戦という子もいれば、なんと【”ひろい”活動】が3回目!!という親子も!!!
お父さんやお母さんだけではなく、おじいちゃんと参加してくれている子もいました。

参加者の皆さんは様々ですが、一つだけ共通していること、それは
『はやく 海にはいりた~い!!!!』とワクワクな事です。

《受付⇒体調チェック⇒ブーツを貰う⇒グループ分け》
と陸での流れを、海を目の前に進める参加者の皆さんとスタッフ。
暑い中、スムーズな進行にご協力いただき、本当にありがとうございます!

最初のあいさつで、ふくおかFUNのコータローが
「今日は、あのテトラポットの向こう側まで皆で行きます!!」
と言った時は、子供達はもちろん、保護者の目が キラン☆彡

暑さで顔が真顔になっていたのが、笑顔に変わりました。

準備体操もしっかりやって、ライフジャケットとマスク・シュノーケルを受け取って
やっと海に入ります!

シュノーケルの使い方、マスククリアなどなどスキルの練習を終えたら、小休憩。

各自しっかりと水分補給を行い、もう一度しっかりマスクの曇り止めをしてから、チームごとに沖に向かって泳ぎ出します。

新宮の海は白い砂地で透明度も良く、足がつかなくなっても水底が綺麗に見えました。
砂地をよ~く観察しながら移動していると、カレイが砂と同化していたり、小さな穴にはハゼやエビが居たりします。
私のチームの参加者さんも生きものを見つけて「おー!居たぁ!!」とシュノーケルを加えながら叫んでいました。

岩(テトラポット)の周辺にはウニやヒトデも沢山いて、参加者の皆さんも実際に触っておおはしゃぎ。
「ウニの棘って硬いんだぁ!!!」と初めての発見の子も居ました。

他には人懐こくついてくるボラや、海底の海藻の周辺には1mm前後の魚の赤ちゃんの群れも。

シュノーケル終了後には、各チームで海のゴミについて一緒に考えてから、皆でビーチのゴミ拾い。
「綺麗に見えたのに、よく見ると小さなプラスチックがいっぱいだ!きりがない!!(汗)ゴミって缶やペットボトルとか大きいものだけじゃないんだ!」
と普段の生活、川、海、魚、ゴミの関係に気づいてくれたようです。

「実際に海の中を見れて楽しかったぁ」
「自分で魚を見つけられたよ!」と話してくれる子供の隣で
「子供と一緒に貴重な体験が出来て父親としては良い夏休みにさせてあげられて良かったです」
とお父様から嬉しい一言も。

猛暑で体調管理が心配でしたが、一人も体調不良になることもなく
無事に楽しくイベントが終了したことに、感謝です。

そうそう、最後になりましたが、今回から海にボートも登場!
シュノーケルの途中で寒くなったり戻りたくなった人はボートに上がる事も出来るようになりました。

今週末(8/3)も新宮海岸でお子様向けの【”ひろい”海の活動】を行います。
また参加者・スタッフ共々楽しく終われるよう準備がんばります!

新入りの いっちゃん でした m(_ _)m

★この活動は、地球環境基金企業協働プロジェクト「LOVE BLUE助成」を受けて行っています。いつも皆さまのご支援、ご理解、ご協力、誠にありがとうございます。

Facebook にシェア

関連記事