当団体では、行政や教育機関・企業・様々な市民団体の皆さまのご要望・ご意向に応じたイベントをご提案いたします。
博多湾に潜り続ける「ダイバーだからこそ」伝えられる海の魅力や課題を、活動や対話を通して、
皆さまと一緒に楽しみながら考えていきます。
また、当団体の活動拠点である福岡市近郊だけでなく、全国各地での講演やオンラインイベントも企画運営することが可能です。

「海=夏」のイメージをお持ちの方も多いと思われますが、当団体では年間を通して様々なプログラムをご提供させていただいております。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

【これまでに行った環境啓発イベント(一例)】

  • シュノーケル体験&ビーチクリーンアップ

『“ひろい”海の活動』

プロダイバーの安全管理のもと、地元の海に生息する水中生物をスノーケル体験を通して観察した後に、ビーチクリーンアップ活動を行う新しい形の環境啓発活動です。
守るべき海の豊かさと環境問題を楽しみながら考えます。

※“ひろい”とは、「海の広さ」と「ごみ拾い」をかけた造語です
  • アマモの苗づくり・植付け

『プロダイバーと海草の森』

「海を元気にする海草」「海のゆりかご」と呼ばれ、世界中で注目されている〈アマモ〉の苗をつくり、ダイバーと共に海底に植付ける活動です。

※アマモ:日本各地の浅海域に生息する海草の一種。光合成を行い、水質浄化の役割を持つことや、生物の産卵場所になることから、水中環境保全のために日本各地で造成・再生の動きが広まっている。
  • ビーチコーミング

『海辺の宝探し』

ダイバーと一緒に海岸を散策し、見つけたものを分類、観察するイベントです。海岸には、不思議な生物や貝殻、海ごみ、漂着物など、様々なものを探すことができ、身近な海岸の先にある水中世界をより身近に感じることが出来ます。

※ビーチコーミング:海岸に打ち上げられた漂着物や貝殻などを拾ったり観察したりすること
  • 海ごみアート

『海ごみでダイバーとお魚を作ろう!』

近年、世界的な問題となっている海ごみを使ってフォトフレームなどのオリジナルアートを創るワークショップです。海ごみを自分だけの宝物に変えることで、楽しみながら環境問題を考えます。

  • 写真・映像展

『ふくおかのうみ展』

福岡の海に潜るダイバーが撮影したリアルな水中世界の様子を写真・映像にして展示します。美術館やショッピングセンターをはじめ、地域の活動の場など、それぞれの場面に合った形で企画します。
  • オンラインイベント・授業

オンラインイベント

ウイルス感染予防の観点から、2020年度よりwebを活用したイベントや授業も行っております。
〈参加者の皆さま×海×ふくおかFUN事務所〉〈学校×ふくおかFUN事務所〉など、様々な形での実施が可能です。ご自宅や教室にいながらも、身近な海や水中生物について楽しみながら学ぶことが出来ます。

※過去の環境啓発イベントの様子は活動ブログからご覧いただけます。

PAGE TOP