toggle
2020-12-05

九州各県のイオンを繋ぎWebイベントを行いました!

全国で約7,200名のメンバーが活躍している
「イオンチアーズクラブ」さん☆

店舗近隣のお子さまたちが集まり、
環境に関する体験や学習に取り組んでいらっしゃいます!

そんななか、今年10月~11月にかけてイオン九州様3店舗で
水中写真を展示させていただいたことからご縁が拡がり、
九州各県の店舗を繋いだWebイベントを行いました!



ふくおかFUNの事務所とイオン九州本社をZoomで繋ぎ、
さらに、イオン九州本社と九州各店舗をテレビ会議システムで繋ぎます!

イベント中のふくおかFUN事務所内はこんな様子☟


即興で絵も描いちゃいます♡


ご参加いただいたのは以下の店舗で活躍している
チアーズクラブの皆さま!

・唐津店(佐賀)
・大塔店(長崎)
・筑紫野店(福岡)
・隼人国分店(鹿児島)
・宮崎店(宮崎)  ※50音順

自己紹介を終え、水中世界の紹介からスタートです☆

「僕たちは博多湾を中心に活動しているけど、
みんなの近くの海にも素敵な世界が広がっているんだよ」



子どもたちはフシギな世界が広がる海のなかの写真や動画に興味津々!


用意していただいていた[〇][✕]の札を使って、
海の生きものを問題にしたクイズも楽しみました!


そして

日頃から環境問題に取り組んでいるチアーズクラブの皆さんと、
海ごみについても一緒に考えました。


海を漂う食品トレーなど生活ごみの動画を見て、


海洋ごみの多くはプラスチックごみであること、
私たちの生活から出たごみが海に流れ着いていること、

そして

プラスチックごみは450年~1,000年もの間、海を漂い続けることを
学びます。

身近な海の豊かさと課題のある現状を知ったあとは、
「行動宣言」の時間です!

海のために何ができるかな?

「海ごみは川から流れ着いているので、川を汚さないようにしたい」
「海や川のごみを使ってアートを作りたい」
「海や川のごみについて、もっと調べたい」

など

力強い宣言を聞くことが出来ました!

今回のWebイベントをもとに、チアーズクラブの子どもたちは
《壁新聞》を作ります!


お互いの活動を称え合いながら、全国大会での発表を目指すという
イオンチアーズクラブさんの《壁新聞》

《壁新聞》を作ることで、日々の活動がより自分事になるんですね!

個性豊かで素敵な作品がたくさん作られますよう、応援しています☆

今回お声掛けいただいたイオン九州本社の皆さま
そして、九州各地からご参加いただいたチアーズクラブの皆さま

海に囲まれ、
「島」とも言える「九州」が一つになれたような
嬉しい時間をありがとうございました。

未来を担う子どもたちに豊かな自然を伝えていけるよう、
ともに繋がりの輪を拡げていきましょう!

Facebook にシェア

関連記事