toggle
2018-10-15

「博多湾NEXTひろば」開催!!

2018年10月13日土曜日。
博多湾の入り口に位置する志賀島で【博多湾NEXTひろば】が開催されました。

これは、今年発足した博多湾NEXT会議(事務局:福岡市港湾空港局環境対策課)が主催するもので、私たちふくおかFUNは企画・運営として携わらせていただきました。

先週まで台風が2週連続で来ていたこともありお天気を心配していましが、当日は晴天!スッキリとした秋晴れの中、イベントをスタートすることができました。

オープニングでは博多湾を想う海賊団も現れるサプライズが!イベント中にみんなで海賊団から出題された謎を解いて一つの合言葉を導き出そう!!というスタートでした。

このイベントでは、いま博多湾沿岸域の各地で進められている「アマモ(海をきれいにする海草)場づくり」のほか、志賀島で獲れた新鮮な魚をつかった「おさかな料理体験」、そして博多湾で見られる魚たちがマリンワールドからやって来る「出張水族館」と海岸のごみや貝殻、流木などを拾う「ビーチクリーン」の中から参加者の皆さんにそれぞれ一つを選んで参加していただきました。

「アマモ場づくり」では、①アマモ育成ポットづくり、②アマモ苗づくり、③アマモ種子粘土づくり、と内容盛りだくさん! ポットの中で種からアマモを育てていく方法や苗を増やしていく方法、そしてアマモの種子をまぶした粘土を海に投げ入れる方法、などいろいろなやり方をみんなで試しました!
それぞれみんな、自分のポット、苗、粘土に「博多湾にアマモが増えますよ~~に!!」と願いを込めてくれたようです。


「おさかな料理体験」では、福岡市漁協にご協力いただき、新鮮なアジを子供から大人までみんなでさばいて、調理しました。参加者の方々に魚のさばき方を教えてくれたのは、「NPOサカナグミ」の皆さんと福岡市漁協志賀支所の婦人会の皆さんです♪
小学生のお子さんも、お父さんもお母さんも、みんな魚がさばけるようになって嬉しそうでした♪
みんながさばいてくれたアジは、つみれ汁とミネストローネに変身!!最後にイベント参加者全員で美味しくいただきました。


「出張水族館+ビーチクリーン」では、マリンワールドからお魚さんやサメの標本がやってきました! マリンワールドのスタッフさん達から、海のこと、生き物のことをたくさん学んだあとは、、、みんなでビーチへ!
海岸に漂着しているごみを拾ったり、いま世界的に関心が高まっているマイクロプラスチックを見つけたり、博多湾のために汗をかきました!


全員それぞれのエコワークを通じて、博多湾のことを考え、博多湾のためにがんばったあとは、、、
お待ちかねのランチタイムです♪♪♪
この日のために、志賀島の割烹旅館「満帆荘」さんが特製『海の幸弁当』を作ってくださいました!
ヒラスや季節野菜のフライ、アカモクの卵焼き、ワカメのポテトサラダや鰆ごはん、などなど、、、メニューのほとんどすべてが志賀島産!

博多湾からの豊かな恵みに感謝して、みんなでいただきまぁす♪




お弁当も、エコワークで作られたスープも、どれもこれも本当に美味でした♪参加者のみんなも残さずパクパク♪顔はニコニコ♪

最後には、この日初公開となる博多湾のPR映像もご覧いただきました!約10分間の映像を、子ども達が真剣なまなざしでモニターに近寄って観ていた姿が忘れられません。
この映像は、今後さらにたくさんの市民の方へお届けできればと思っています。

非常に内容の濃い一日でしたが、参加者の皆さんととても楽しく過ごすことができました。今日ご参加くださった皆さんには、これからも様々な体験を通して、博多湾ともっと身近に、もっと楽しく、関わったもらいたいと考えています。
私たちふくおかFUNは、そういった「場」をこれからもたくさん提供していくことをお約束します♪

最後に、このイベントは本当にたくさんの皆さまのご協力と地域の皆さまのご理解があって開催することができました。この場を借りて御礼申し上げます。
本当にどうもありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Facebook にシェア

関連記事