toggle
2018-05-16

【JIP】志賀島での海藻採集

冬から春先に多くの種類が生育する海藻類。普段から地行浜でアマモや海岸に生きる生きもの達を観察している中で、取り分け海草類に興味を持ち始めていました。

志賀島周辺で確認されている種は80種類を超える!と言う海藻類のスペシャリスト、川口先生のお話を聞き、
「この時期を逃すと来年になる」
と判断し、勉強も兼ねて昨日急きょ採集に向かいました!

海岸にうち寄せられた海藻類をワクワクしながら削り取ったり、拾ったりしてカゴへ。採集時はヒザくらいの水深で、胴長を着用して水面を覗き込むと、ミズクラゲやアメフラシも観察出来ました。

さて、採集した海藻類を先生に同定してもらいながら仕分けして行きます。
根元から葉先までキレイに取ると確実に同定出来ると褒められて、気分もアゲアゲです。

袋にすべての海藻類を小分けして持ち帰り、冷凍保存しました。
まずはこの冷凍保存が上手くいくか?
がポイントです。

今回の採集&保存方法で、今後は地行浜の海藻類も採集していく予定です!
日程は未定ですが、実はJIPのイベントでも使用したい!と考えているところなのです(^^)

魚や貝類、海藻類… 地行浜も生きものの輪が広がってます♪

Facebook にシェア

関連記事