toggle

活動理念

海の中は驚きや発見、感動に満ちています。

多くのダイバーは休日になると海へ出かけ、驚きや発見を記録したり、仲間と過ごす時間、自然の中で過ごす時間を大切だと考える「休日のナチュラリスト達」です。
私はダイビングインストラクターとしてただダイビングの技術や知識を伝えるだけでなく、身近な自然の魅力、素晴らしさや厳しさを伝えたい、という想いがありました。
しかし、どうでしょう?

「福岡の海に面白い生物はいるの?」
「濁って汚い海なんじゃないの?」

福岡に住む多くの方が持つ福岡の海のイメージはそんな感じではないでしょうか?
この街に暮らす人々に、ダイバーだけが知っている福岡の海の素晴らしさ、豊かさを伝えていこう。
ふくおかFUNはそういう想いからスタートしました。

僕らが行う活動はとてもシンプルです。
市民、行政、地域の皆さんとの相互理解・協力関係を築いていける場所とフィールドを整備する事と、
水中世界でくり広げられる生物の営みの発見や、一期一会の遭遇の感動と場面を共有する事。

場所と場面。

この二つの場を通じて感じるインスピレーションによって、例えばある人は節水を心がけるかもしれない。
ある人はごみのポイ捨てをやめるかもしれない。
中にはより深く自然保護や環境問題への取り組みを進めていく方もいるかもしれない。

そうした行動を生み出すインスピレーションをたくさんの方に感じて頂く事が、この福岡という街の素晴らしい自然を伝えることにつながる。
そうした想いを込めて

「自然伝承」

という言葉を我々の理念といたします。
小さな一歩の積み重ねがやがて大きな螺旋(らせん)となるように、僕らはこの活動を続けていきます。

一般社団法人ふくおかFUN
代表理事  大神 弘太朗