toggle
2017-09-26

新しい取り組み!アマモの植え付け

皆さん、こんにちは!
10月1日に小戸公園にて新しい取り組みをスタートします!!
子どもから大人までどなたでも参加可能です。是非ご参加ください!!
※活動の詳細は下記にあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日時:10月1日(日) 9:00〜13:00
会場:小戸公園(福岡市西区)
持ってくるもの:タオル、飲み物
お申し込み:
姪北公民館 092-895-1075(担当:田中さん)

9:00 小戸公園(芝生広場駐車場)集合
9:05 オリエンテーション
9:20 アマモ苗づくり
10:00 ダイバーによる植え付け
10:30 ビーチクリーンアップ
11:00 姪北公民館へ移動
11:45 振り返り、植え付けの様子を観察
12:30 昼食 ※昼食はこちらで準備します
13:00 解散
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ふくおかFUN設立後様々な場所で開催してきた『”ひろい”海の活動』
これまで多くの方々にご参加いただき、スノーケリングを通した水中観察とゴミ拾いの活動を行なってきました。

しかし大きな問題が1点ありました。
夏期間は多くの参加者が水中環境を楽しみ、そして考える時間を提供することができました。
が、しかし水温や気温の問題で水中世界を観察できるのはこの期間のみ・・・

ご存知の方も多いと思いますが、
福岡の海は四季折々変化していくその姿に大きな魅力があります。この海多くの方々に継続的に関わり続けてもらいたい!

そういった想いから
10月1日の”ひろい”海の活動@小戸公園では「アマモの植え付け」を行いたいと考えています。

参加者にアマモの苗をつくっていただき、それをダイバーたちが水中に潜り、植え付けを行います。
アマモには水中の浄化作用だけでなく、生物にとってのゆりかごとなる場となります。
長年福岡に住んでいる方は「昔はこの辺り(都市部)にもたくさんアマモが生えとった」と話すほど博多湾にはアマモが溢れていたそうです。

とは言っても、私たちダイバーは水中の観察は得意でもこのような活動の着手は初めてのことです。
そこで、九州大学名誉教授の川口栄男先生(アマモの研究者)にご協力いただき、ただ取り組むだけでなく、しっかり定着させることを熟考しながら小戸公園にアマモが根付いていく様子を観察していきたいと考えています。

今回は水中でのスノーケリングは行いませんので、大人の方のご参加ももちろんOKです。

みなさんの手で博多湾を豊かにする取り組みに参加してみませんか?
なお参加申し込みは受付は「姪北公民館」が行っています。
みなさんのご参加お待ちしています!!

《お申し込み先》
姪北公民館  092-895-1075(担当:田中さん)

Share on Facebook

関連記事