toggle

水中調査・観測・撮影

福岡の海は想像を超える多彩な水中環境が広がっています。 また、未開拓の部分も多く、図鑑に掲載されている分布図を覆すようなことも少なくありません。

私達は、四季折々変化する福岡の海に潜り続け、生息している多様な生物や藻類等について年間を通じて観測・撮影・記録し、当団体の全ての活動においてそれらの写真や動画データを活用しています。 本事業は、ダイビングチーム『潜達人(もぐんちゅ)』や、九州大学・福岡女子大学ダイビングサークル『海BOUZ(うみぼうず)』メンバーの協力を得て活動を実施しています。

また、こうした豊かな水中環境だけではなく、生活排水の流入等による有機汚濁、赤潮の発生、貧酸素状態といった生物の命を脅かす可能性のある博多湾内の水域の撮影も行っています。 2017年度からは、福岡市の研究機関と共働することで、私達が行う定点観測によって得られたデータを科学的知見からも分析できるようになりました。

今後も、ふくおかFUNの心臓ともいえるこの活動を通じて、福岡の海のリアルな世界を社会へ発信していきます。